ドットプリンター用連続伝票

●連続伝票(コンピューター用帳票)基本価格表 ※価格は税別です

サイズ 複写枚数 1000部 3000部 5000部 10000部 30000部 50000部〜 100000部〜
9.5×4.5インチ
程度のもの
(納品書等)
2枚複写 40,000円 45,000円 55,000円 65,000円 120,000円 TSP特値 超特値
3枚複写 48,000円 54.000円 65,000円 78,000円 159,000円 TSP特値 超特値
4枚複写 58,000円 63,000円 75,000円 90,000円 189,000円 TSP特値 超特値
9.5×10インチ
程度のもの
(請求書等)
2枚複写 44,000円 51,000円 65,000円 90,000円 TSP特値 TSP特値 超特値
3枚複写 48,000円 63.000円 75,000円 110,000円 TSP特値 TSP特値 超特値
4枚複写 60,000円 75,000円 90,000円 140,000円 TSP特値 TSP特値 超特値

●初回版下入力代が別途かかります(データ支給の場合はかかりません)。

 

●オプション料金表 ※価格は税別です

加工 〜3000部 5000部 10000部 25000部
ファイル2穴 2,000円 4,000円 6,000円 10,000円
ナンバリング 10,000円 12.000円 16,000円 28,000円
減感or色数増し(1色) 8,000円 10,000円 12,000円 18,000円
色紙(1枚あたり)  400円 600円 1,000円 2,000円

 

伝票の印刷色は以下のカラーからお選び下さい

※現状お使いの伝票と同じに作成する場合は、現物をお送りいただければ現状の色に合わせて印刷することも可能です。

加工・オプションのご紹介

 

●2穴
ファイリング用の2穴で、通常穴と穴と間隔は80mmです。直径は5mmか6mmのどちらかが一般的です。

 

 

 

●減感
受領書の金額欄など部分的に複写しないようにする加工です、減感インクと呼ばれる特殊なインクを塗りつけます。

 


 

●ナンバリング
当社の場合は通常6桁のナンバリングになりますが、お客様のご要望で5桁〜7桁まではご対応が可能です。


 

 

●色数増し
色数増しは1枚あたりに使用される印刷の色数を増やすことです。
代表的な例が画像のように社印を印刷する場合です。

 

 

 

●色紙
複写伝票の用紙は白、ブルー、クリーム、ピンクの4種類になります。これ以外の色は流通していません。


 

=======================================

―伝票印刷の豆知識―

紙がうまく送れない (ドットプリンターで送る際、紙が途中でつまる・引っかかる等のトラブルのケース) 

●原因パターン1
原因の一つとして考えられるのは、まず紙の湿気による場合があります。梅雨の時期等は特にこういうことが起こり易いです。こういった連続複写伝票は極力湿気の無いところへ保管するのがよいでしょう。

■解決策
こういった場合、解決策として1日エアコンの風を当てておいて湿気を取り除くとうまく送れるようになる場合があります。

●原因パターン2
二つ目の原因としまして、連続伝票は1票〜3票折りくらいでジャバラ折りになって箱に入っています。そのジャバラ折りの「折」の部分の山と谷がピシッときれいに折れていないと、その山と谷の部分がプリンターに送る際にひっかかる原因になってる場合があります。それ以外に、類似した原因として複写伝票の両サイドのノリなどで紙と紙を合わせてある貼りつけ部分にヨレができて、きれいになっていない場合に起こります。

■解決策
これは伝票印刷作成の仕上げに行う丁合という工程作業の問題で、これは印刷会社の技術的な問題もありますが、だいたいのケースはプリンターの圧を弱めることでスムーズに送れるようになります。それでも解決できない場合は作成した印刷会社に相談してみて下さい。